ほうれん草ダイエット

ほうれん草ダイエットはできない!?その理由とは

ダイエット方法に関しては実にたくさんの方法がありますが、気を付けたいのは偏った食品だけを食べ続ける「○○だけダイエット」や、ダイエットに効果的な成分があるからと言って、その食品を食べ過ぎてしまう事。

 

ダイエットドリンクの「チラコル」にはほうれん草から抽出した”チラコイド”が入っていて、そのおかげで空腹感をコントロールすることができ、結果的に食べ過ぎを防止してダイエットができるというもの。

 

となると、ほうれん草を食べればいいのでは?と”ほうれん草ダイエット”をしてみよう!と思うかもしれません。

 

でも、ちょっと待ってください!

 

ただ単にほうれん草を食べるだけでは、ダイエット効果はないんです。

 

 

その理由が、”チラコイド”は普通に食べても摂取できないから。

 

もし、ほうれん草ダイエットの効果を得たいなら、「ほうれん草をゆでる→ミキサーで細かくする→濾して液体にする→遠心分離機にかける」という過程が必要です。

 

遠心分離機なんて、化学の実験でないと使うことはありませんし、一般家庭にあるものではないので、いかに難しいかが解ると思います。

 

普通にほうれん草を食べて得られるダイエット効果は、食物繊維による便秘解消や、ビタミンAや鉄分を効率よく補給するというもののみです。

 

”チラコイド”のように、空腹感をコントロールするという効果は得られないので要注意です。

 

 

また、もう一つ気を付けたいのが、ほうれん草に含まれる”シュウ酸”です。

 

シュウ酸は結石を作り出すはたらきがあり、非常に体に悪い成分です。

 

尿路結石などの病気を、聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

尿が出る管に小さな石のような異物ができて、非常に痛いというもの…。

 

この原因となる結石を、ほうれん草に含まれる”シュウ酸”が作り出してしまうのです。

 

と言っても、これは500g以上のほうれん草を一度に摂取し続けた場合の話です。

 

スーパーに売っているほうれん草の一束程度であれば、”シュウ酸”の影響もないので安心してください。

 

ただ、ダイエットのためと言ってほうれん草ばかりを大量に食べると、こうした悪影響があるという事を、覚えておきましょう。

 

 

ほうれん草はゆでるとカサが少なくなって、おひたしやソテーにするとおいしく食べられます。

 

ですが、”チラコイド”は普通には取り入れることができませんし、ほうれん草100gだけを食べても、空腹感に負けてリバウンドしてしまいます。

 

そうなると、ほうれん草ダイエットを実践するのは、日常の食生活ではとても難しいという事が解ります。

 

 

そこでオススメなのが「チラコル」です。

 

冒頭でも紹介した通り、”チラコイド”を摂取できるダイエットドリンク。

 

食事と置き換えたり、間食の代わりに飲むだけで、豊富な栄養素と”チラコイド”を効率よく摂取できます。

 

1杯たったの17Kcalなので、カロリーの調節も簡単。

 

置き換えダイエットにありがちな空腹との戦いがなくなりますし、栄養素がたっぷりなので、肌荒れや便秘などの、ダイエットの副産物の心配もありません。

 

失敗続きでダイエットが怖くなっている…そんな人にも、とってもおススメなんです。

 

ほうれん草ダイエットを進めるよりも、その良さだけをしっかりと抽出した「チラコル」で、キレイにスリムになっていきましょう!

 

→チラコルの公式サイトはこちらから

関連ページ

ほうれん草パワー「チラコイド」の働き
チラコイドの働きと、ダイエットへの効果をご紹介。チラコイドの体内での働きがどうダイエットに良いのかを調べました。